スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/16-d55de624

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C3] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンの基礎の基礎

1)同じ住宅ローン商品でも金融機関によって金利・手数料に差がある
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や銀行等がそれぞれ用意している住宅ローン商品に違いがあることは当然ですが、同じ住宅ローン商品でも金融機関毎に金利や手数料に差があることをみなさんはご存知でしょうか?
その代表的なものに住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資を行うフラット35があります。
(※フラット35長期固定、低金利を武器に住宅ローンの主力商品になっている商品です。)

2)住宅ローンは現在の金利が適用されるとは限らない
住宅ローン金利は一般的には毎月月初に変更されます。
しかし4月1日に3.25%と発表されたからといって、4月に申し込んだ人全てにこの金利が適用される訳ではありません。
多くの金融機関で金利の適用は融資実行月のものを適用するようになっているため、
4月に申し込んでも5月に融資が実行されれば5月の金利が適用されることになります。

3)返済途中で金利が変わってしまうことがある
フラット35などの長期固定型住宅ローンを借り入れている場合、返済が終了するまで金利は変わりませんが、変動金利や短期固定型の住宅ローンの場合、金利が変わります。
金利が変動する住宅ローンの場合、金利低下局面では返済額の減少というメリットを享受できますが、金利上昇局面では返済額が増加してしまいます。
今後は金利が上昇する可能性が高いので、長期固定型住宅ローンでの借り入れを視野に入れておいたほうが良いでしょう。

4)住宅購入資金を全額借りられる訳ではない
住宅ローンを借り入れる場合、物件には抵当権が設定され、住宅ローンの返済ができなくなった場合は、物件の所有権が金融機関に移ります。
ただ、物件は年数により価値が落ちていくため、金融機関は物件を売却したとしても残っている融資を回収できない可能性がでてきます。
そのリスクを減らすため、金融機関では物件取得価格の全額を融資することはせず、最大80%が上限になっています。
つまり、住宅ローンを借り入れる場合、物件価格の20%は現金が必要になるということを覚えておきましょう。

5)住宅取得は物件価格以外にもいろいろとお金がかかる
住宅取得は物件価格分の頭金と住宅ローンを組めば終わりという訳にはいきません。
住宅ローンを組む際には各種諸経費が発生します。また、住宅取得後もマンションの場合、管理費や修繕積立金、駐車場代等の費用がかかる上に、毎年税金として固定資産税や都市計画税等も支払わなければいけません。
返済計画を立てる際は住宅ローンの返済額だけを考えるのではなく、これらの費用についても考慮しておきましょう






スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/16-d55de624

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C3] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。