スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/14-02be3e36

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンについて学ぼう!基礎知識から比較ポイントまでサイトトップ >住宅ローン 基礎知識 >>変動金利のおいしいとこ取りはできる?!

変動金利のおいしいとこ取りはできる?!

最初は金利の低い変動金利で借りておいて、金利が上がったら(あがる直前に)
長期固定金利に変えて・・・なんてことができると良いですよね。
(実際にはほぼ不可能ですが・・・)

ここでは変動金利の注意点について、改めて書きます。
変動金利には以下のルールがあります。

・金利は年2回見直されるが、返済額は5年間変わらない

仮に半年で金利が上がったとしても、返済額は5年間変わらないということです。
これは、なんとなく「お得」な感じがしますよね?でも実は全然お得じゃないんです!!

金利が上がって返済額が同じということは、利息の割合が増えるということなんです。
利息の割合が増えるということは、元金の減るペースが鈍くなります。

また最悪のケースは、金利が上がったことによる利息の金額が、5年間変わらない返済額を上回った場合です。
このときは、元金がまったく減らないばかりか、未払い利息が逆に発生してしまいます。

それじゃあ、金利が低いうちは変動金利住宅ローンを利用して、金利があがる前に、長期固定金利住宅ローンに変更しようと考える方もいるかも知れませんが、
短期金利が上昇する時点で長期金利も上昇している可能性が高いです。

仮に金利の上昇を察知できたとしても、ほとんどの金融機関では、変動から固定への変更は、
次の返済日からとなる場合が多く、この場合適用されるのは上がった後の金利になります。

このように、変動金利は、その特性をきっちり理解したうえで選択されるのが良いかと思います。




スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/14-02be3e36

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。