スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/12-c0a2b019

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンの審査について

住宅ローンを利用するには、当たり前ですが金融機関が行う審査を通過しなければいけません。
住宅ローンは金融機関にとっても融資額が大きいので、慎重に審査を行います。
以下に住宅ローン審査のポイントをあげますので、参考にしてみてください。

住宅ローン審査のポイント

1.安定した収入があるか?(金融機関が定めた最低年収に達しているかどうか)

2.職業(勤務先) 職業や勤務先の業績等
※職業、勤務先によっては金融機関からの融資が難しい場合があります
※民間企業に比べ自営業の場合、更に融資条件が厳しくなります


3.勤続年数(勤続年数が短い場合はリスクが高いと判断される)

4.現在、過去のローン状況(カードローンや車のローンなど、住宅ローン以外のローンの状況)
※過去支払いの遅延や、現在のローン残高が多い場合、融資が難しい場合があります

5.金融機関との取引状況(銀行の場合)
※融資実行の条件として一定の預金や給与振込み口座への設定を依頼される場合もあります

住宅ローンの審査は一般的に、銀行などの民間金融機関が行う場合には条件が厳しくなります。

一方で、自営業者や転職したばかりの人、派遣や契約社員などの
融資をうけるには厳しい状況の方にも融資を行ってくれるところもあります。

現在利用者が増えているフラット35は、民間融資とは違い住宅に一定の品質が求められます。
検査機関が実施する全ての検査に合格し「適合証明書」の交付を受けることが融資実行の条件となります。
つまり、フラット35を借入れるということは、住宅の品質が一定以上保証されているということになります。



スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/12-c0a2b019

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。