スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/11-b5104987

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンについて学ぼう!基礎知識から比較ポイントまでサイトトップ >住宅ローン 基礎知識 >>住宅ローン比較 金利タイプについて(まとめ)

住宅ローン比較 金利タイプについて(まとめ)

住宅ローンの金利タイプには、様々なものがありますが、大きく分けると、下の4つがあります。

・変動金利型
・全期間固定型
・段階金利型
・固定金利選択型


それぞれの特徴を、下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

金利タイプ

ちなみに、日本の金利は低いです。
いわゆるゼロ金利政策が長く続いたため超低金利に慣れてしまっていますが、
アメリカの政策金利は約5%、ヨーロッパも2.5%となっています。
つまり、景気が良くなれば高い金利が設定される可能性があるということです。

住宅ローンは基本的には長い年月をかけて返済していくものですから、
しっかりとした返済計画が立てられる長期固定型を利用することが基本です。
また、金利上昇局面では変動金利のリスクが高まりますから、
なおさら長期固定での借り入れを検討したほうが良いでしょう。

ただし、住宅ローンを短期間で返済できるのであれば
変動金利や固定金利選択型にも大きなアドバンテージがあります。
住宅ローンの期間が短ければその分だけ金利上昇のリスクを抑える事ができるため、
繰上げ返済を活用し、10~15年程度の期間で返済できるようであれば、
変動金利、固定金利選択型を選択肢として考えても良いでしょう。

私は、2年前にマンションを購入しました。
新生銀行で住宅ローンを契約しましたが、、
変動要素の強いパターンと、全期間固定を組み合わせました。

このように、組み合わせることも可能ですので、十分にプロにも相談して、検討してください。




スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingloan777.blog114.fc2.com/tb.php/11-b5104987

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。