スポンサードリンク


スポンサーサイト

変動金利のおいしいとこ取りはできる?!

最初は金利の低い変動金利で借りておいて、金利が上がったら(あがる直前に)長期固定金利に変えて・・・なんてことができると良いですよね。(実際にはほぼ不可能ですが・・・)ここでは変動金利の注意点について、改めて書きます。変動金利には以下のルールがあります。・金利は年2回見直されるが、返済額は5年間変わらない仮に半年で金利が上がったとしても、返済額は5年間変わらないということです。これは、なんとなく「お...

低金利のローンはリスクが高い?!

住宅ローンを借りる際には、金利がもっとも気になるポイントではないでしょうか。金利が低ければ低いほど、毎月の返済額が同じなら、借りれる金額も増えることになります。住宅ローンの金利タイプは色々ありますが、いわゆる見た目の金利がもっとも低いタイプの金利は注意が必要です。「2年固定」とか「3年固定」とかがそれにあたります。これらの金利タイプは、だいたい金利優遇というものを踏まえて適用金利が低くなっています...

住宅ローンの審査について

住宅ローンを利用するには、当たり前ですが金融機関が行う審査を通過しなければいけません。住宅ローンは金融機関にとっても融資額が大きいので、慎重に審査を行います。以下に住宅ローン審査のポイントをあげますので、参考にしてみてください。住宅ローン審査のポイント 1.安定した収入があるか?(金融機関が定めた最低年収に達しているかどうか) 2.職業(勤務先) 職業や勤務先の業績等※職業、勤務先によっては金融機関か...

住宅ローン比較 金利タイプについて(まとめ)

住宅ローンの金利タイプには、様々なものがありますが、大きく分けると、下の4つがあります。・変動金利型・全期間固定型・段階金利型・固定金利選択型それぞれの特徴を、下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。ちなみに、日本の金利は低いです。いわゆるゼロ金利政策が長く続いたため超低金利に慣れてしまっていますが、アメリカの政策金利は約5%、ヨーロッパも2.5%となっています。つまり、景気が良くなれば高い...

住宅ローンのタイプ 固定金利選択型について

住宅ローンには様々なタイプがありますが、固定金利選択型のメリットとデメリットについて書きます。<固定金利選択型>・固定金利終了後、金利状況に応じて固定か変動かを選択するメリット・固定金利型に比べ借り入れ時の金利が安いので借り入れ可能額が大きいデメリット・固定期間終了後、金利が上がっている場合は返済額が増える・固定期間終了後、金利が下がっている場合は返済額は減るが固定期間中高い金利を払っていたことに...

住宅ローンのタイプ 固定金利について

住宅ローンには様々なタイプがありますが、固定金利のメリットとデメリットについて書きます。固定金利には、「全期間固定型」と「段階金利型」があります。<全期間固定型>・借り入れ時の金利が返済まで続くメリット・低金利時に借り入れた場合、将来金利が上昇しても不安はない・常に返済額が一定なので返済計画を立てやすいデメリット・金利低下局面で借り入れると高い金利を払わなければいけないこともある<段階金利型>・借...

住宅ローンのタイプ 変動金利について

住宅ローンには様々なタイプがありますが、変動金利のメリットとデメリットについて書きます。<変動金利型>・年2回、金利が見直される・金利が上昇しても借り入れから5年間は返済額が変わらない※但し、元金と利息の内訳は変更されるメリット・低金利の場合、当面の返済額を抑える事ができる・金利が低下した場合、金利見直しによって返済額が減少するデメリット・金利上昇局面では返済する元金が増えることもある・常に金利が変...

住宅ローンの諸費用について

住宅ローンを借りるときには、「金利の安さ」ばかりに目がいきますが、もろもろかかる諸経費についても、しっかり確認することをオススメします。住宅ローンの諸経費 1)事務手数料住宅ローンを借り入れる会社に支払う事務手数料。 2)印紙代住宅購入時の売買契約書、ローンを組む際の金銭消費賃貸契約書に貼付する。(印紙代は住宅の購入価格により異なる) 3)登録免許税所有権の保存、移転登記、住宅ローン借り入れによる抵...

返済タイプで住宅ローンを比較しよう

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」の2つがあります。元利均等返済方式●毎月の返済額が同額になるように返済する方法です。毎月の返済額が変わりませんので、長期にわたる返済計画が立てやすいというメリットがあります。しかし、支払い開始当初は返済額のほとんどが利息の返済にあてられてしまうため、元金がなかなか減りません。そのため、結果的に元金均等返済方式よりも支払い総額が増え...

住宅ローン控除について

住宅ローンを利用して住宅を取得した場合、「住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」を受ける事ができます。この制度は、住宅ローンの年度末借入残高に一定の掛け率をかけた金額を限度として、納付した所得税が還付されるうれしい制度です。住宅ローン控除を受ける際の注意点1・給与所得者が住宅ローン控除を受ける初年度は、確定申告をしなくてはなりません。(確定申告した翌年以降は年末調整で受けることができます)2・給...

住宅ローンの繰り上げ返済について

繰り上げ返済とは、住宅ローンの返済期間中にローン残高の一部もしくは全部を返済する方法です。繰り上げ返済をした場合には、その金額のすべてが借り入れ金額の元本に充当されます。このため、支払利息を大きく抑える事が可能になります。繰り上げ返済の方法には2種類あります。返済期間短縮型返済期間短縮型は、毎月の返済額は変えずに支払い期間を短縮するという方法です。返済期間が短縮されますので、支払い総額を大きく抑え...

住宅ローンの借り換えについて

「住宅ローンの借り換え」について、様々な角度から紹介したいと思います。■住宅ローンの金利を引き下げて、返済総額を抑えたい■金利が低いうちに、変動金利から固定金利に切り替えたい■毎月の返済額を抑えたいので、借り入れ期間を延ばしたいなど理由は様々ですが、今よりも有利な条件で住宅ローンを利用するため、他社の住宅ローンに組み直すことを「住宅ローンの借り換え」といいます。住宅ローンの借り換えはどこへ申し込めば...

フラット35について

「フラット35」は、住宅金融公庫から移行した「住宅金融支援機構」と民間の金融機関が、住宅ローンの証券化という手法を用いることで誕生しました。そのため、最大35年間という長期間にわたり固定金利で利用が可能になりましたので、低金利時代の今、最も有利な住宅ローンと言われています。フラット35は、「住宅金融支援機構の証券化事業」により運営されています。融資金の流れ①「フラット35」の申し込みを受けた金融機関は、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。