スポンサードリンク


スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

住宅ローンの基礎の基礎

1)同じ住宅ローン商品でも金融機関によって金利・手数料に差がある住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や銀行等がそれぞれ用意している住宅ローン商品に違いがあることは当然ですが、同じ住宅ローン商品でも金融機関毎に金利や手数料に差があることをみなさんはご存知でしょうか?その代表的なものに住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資を行うフラット35があります。(※フラット35は長期固定、低金利を武器に住宅ロー...
住宅ローンの基礎の基礎」の続きはこちら

住宅ローンの種類について

住宅ローンは、大きく分けると公的融資と民間融資に分ける事ができます。公的融資年金融資、財形融資などがあります。資格や条件に様々な制限があるため、誰もが利用できるというものではありません。民間融資銀行や保険会社、ノンバンクなど様々な金融機関で取り扱っており、比較的制限が少ないのが特徴です。ただし、申し込み先の金融機関によって金利が大きく違いますので、金融機関選びがたいへん重要になります。もう少し詳し...
住宅ローンの種類について」の続きはこちら

変動金利のおいしいとこ取りはできる?!

最初は金利の低い変動金利で借りておいて、金利が上がったら(あがる直前に)長期固定金利に変えて・・・なんてことができると良いですよね。(実際にはほぼ不可能ですが・・・)ここでは変動金利の注意点について、改めて書きます。変動金利には以下のルールがあります。・金利は年2回見直されるが、返済額は5年間変わらない仮に半年で金利が上がったとしても、返済額は5年間変わらないということです。これは、なんとなく「お...
変動金利のおいしいとこ取りはできる?!」の続きはこちら

低金利のローンはリスクが高い?!

住宅ローンを借りる際には、金利がもっとも気になるポイントではないでしょうか。金利が低ければ低いほど、毎月の返済額が同じなら、借りれる金額も増えることになります。住宅ローンの金利タイプは色々ありますが、いわゆる見た目の金利がもっとも低いタイプの金利は注意が必要です。「2年固定」とか「3年固定」とかがそれにあたります。これらの金利タイプは、だいたい金利優遇というものを踏まえて適用金利が低くなっています...
低金利のローンはリスクが高い?!」の続きはこちら

住宅ローンの審査について

住宅ローンを利用するには、当たり前ですが金融機関が行う審査を通過しなければいけません。住宅ローンは金融機関にとっても融資額が大きいので、慎重に審査を行います。以下に住宅ローン審査のポイントをあげますので、参考にしてみてください。住宅ローン審査のポイント 1.安定した収入があるか?(金融機関が定めた最低年収に達しているかどうか) 2.職業(勤務先) 職業や勤務先の業績等※職業、勤務先によっては金融機関か...
住宅ローンの審査について」の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。